新たな旅立ちに想ったこと(その3)

定年退職の日から三日後、新たな職場に初出勤。
新しい職場は、いわき市の公園や観光施設の維持管理、運営、利用促進などを業務としている「一般財団法人いわき市公園緑地観光公社」。

初出勤から1週間で業務内容等については手探り状態ながら、公務員時代とは明らかに違う穏やかでゆったりした時間が流れているような気がする。
当然、業務上の課題や懸案事項等はあるようだが、プロパーの皆さんの考え方を十分に踏まえ、3年間という短い期間で少しでも前に進めていければと考えている。

以前、役所の先輩が、「定年退職して、肩の荷が下りたというか、毎日のプレッシャーが無くなって穏やかに生活できている」と言っていたことをふと思い出したが、自分としては退職から1週間しかたっていないので実感としては未だない。
本当にそう思えるのか少々不安であるが、一日も早く業務の全容を掴み仕事に取り組みたいと思っている。

再就職の契約は3年間、その後また働くのか、完全にリタイアして年金生活に入るのかは未だ決めかねている。
当面は、公務員時代におろそかにしてきた自身の健康、体のメンテをしたいと思う。
特にここ10年、仕事の忙しさにかまけてきた歯の治療はできる限りしたいと考えている。
そしてやがて訪れる人生の終焉に向け、60代をどのように生きていくのか、残り時間の少ない中で自分は何がしたいのかをじっくり考え、行動に移していきたいと考えている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック