とっておきの音楽祭せんだい de 歌ってきた

画像


今回で5回目の参加となる「とっておきの音楽祭せんだい」で歌ってきた。
今年もアーケード街のクリスロード、常陽銀行前ステージでした。

昨年は全く立ち止まってくれる人がいない散々なステージとなり、「還暦を過ぎたジジイが何をやっているのだ」と一人落ち込んでいました。
そんななか、一人だけ立ち止まって最後まで聞いてくれた人がいて、拙い私の歌を褒めてくれて熱い握手までしてくれました。
本当にありがたく、うれしい出来事だったけど、昨年の私はネガティブに惨めなステージのことばかり考えて落ち込んでいました。


今年はというと・・・
昨年と同様に行き交う人はメチャ多いけど立ち止まってくれる気配は全くありません。
そんな厳しい状況のなか、なんと立ち止まり最後まで聞いてくれた方がお二人いました。
そして演奏後は、お二人とも募金までしてくれて、私的にはやっと「とっておきの音楽祭」というイベントに貢献できたという喜びがありました。
更に、お二人とも、「素晴らしい演奏でした」と拙い私の歌を褒めてくださいました。

私的には、今年は(頸椎ヘルニアのリハビリで歌い始めた4月以降)ステージに臨む気持ちにちょっとした変化がありました。
「聴いてくれる側の反応(ウケ具合)も大事だが、自分自身で楽しんでない歌を聴く側が楽しめるわけがない」と最近、改めて思い直したのです。

そんな訳で、今回は自分自身が楽しんで歌わせていただきました。
その結果、二人が立ち止まってくれて、私の歌を楽しんでくれた。
これなんだなと思いました。
これからは自分自身が歌いたい歌を唄を楽しんで歌おうと思いました。


満足感をかみしめて夜の街に繰り出し、「薄利多売半兵衛」という居酒屋へ。
画像

昭和をテーマにした居酒屋ですが、店の内装もさることながら流れている音楽(放送)もグッときました。
私の年代というよりは12年前に亡くなった父親にジャストのお店かなと。
もし父が生きていれば一度は一緒に来たかったなぁなんて思いながらハイボール2杯とおつまみ少々を楽しんでお会計をしたらビックリ!
なんと980円、これってセンベロ?
そして、締めにお蕎麦を食べてホテルに帰りました。

演奏もアフターも楽しめた仙台遠征でした。


ブルースランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック