二度目の離職

DSC_0138.JPG

人生初めての離職は平成30年3月31日の「定年退職」。
高校卒業時に就職した市役所を40年間勤務し迎えた定年でした。
非正規雇用が増え、転職を繰り返す人が多い中、40年間も同じ職場にいられたことは奇跡のような気がします。

定年退職の翌日には新しい職場での勤務が始まりました。
なので退職、再就職という実感はあまりなく、引き続き働き続けているという感覚でした。
定年後に夢見ていた生活とは程遠い、ダラダラとした惰性のような生活に少し嫌気もさしていました。

そんな生活の中で、昨年は大病3連続という生涯初めての体験をして精神的にもすっかり弱気になっていました。
そして「俺の人生、これでいいのか?もしかすると俺に残された時間は思っているほど多くはないのではないか?いつまで働けばいいのか?」なんて考えるようになりました。

そこで契約期間を1年残して仕事を辞めることにしました。
令和2年3月31日をもって現職を退職しました。

明日からは人生初めての無職生活。
特に何をするというような予定もなく、のんびりと生活してみたいと思います。
健康を取り戻すことを最優先に毎日を送りたいと思います。

さてさて、どうなることやら・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント